ビールのカロリー

ビールのカロリーについて話題になっていますが、ビールのカロリーの話も、結局のところメタボ検診に関係してくる話だと考えられますが、多くの日本人はビールが好きで、一年中ビールを飲んでいますが、最近では女性の酒豪も増えた事もあって、ダイエットビールなども人気になっています。

ビールのカロリー自体は、350mlで140カロリー前後ですが、ダイエットビールでは大体100カロリー以下で、サントリーのダイエット生で70カロリーです。ただしビールのカロリーと言うのは、単純計算では割り切れない要素があります。

単純な話ですが、ビールはお酒ですから、飲む人は酔うために飲むのであって、喉の渇きを癒すために飲むのではありません。当然の話ですが、ビールのカロリーを考える上で、同じ酔いの状態になるためには同じアルコールを摂取する必要があります。するとだカロリーの低いビールは、アルコール度数も低いため、同じアルコールを摂取するためには、それだけ量を飲まなければ、同じような酔いの状態に達しない事になります。

ダイエットビールの難しさ

ダイエットビールで難しいのは、酔うためには、アルコール摂取量を上げること、つまりたくさん飲まなくてはいけないことです。
そうするとダイエットビールのカロリーは、途端に跳ね上げってしまいます。結局酔うためにビールを飲む場合は、普通のビールのほうがカロリーの点では有利になってしまうと言う、皮肉な結果になってしまいます。ダイエットビールを飲む限りにおいては、酔っては駄目と言う事になり、酔うためにダイエットビールを飲んだらば、高カロリービールになってしまうことになります。

またビールを飲む場合は、必ずつまみが付き物ですが、ビールは代謝されやすいカロリーですから、中性脂肪などとは無縁と考えるのは正しいのですが、つまみは普通脂っこいものが多いので、ビールを飲む場合、カロリーの高いつまみを食べなければ肥満にはなりません。ラーメンで言えば、麺は食べてもスープは飲むなと言っているようなもので、実に味気ない話です。

そう考えると、ビールのカロリーを考えた一番良いのみ方は、入浴後にダイエットビールを飲むぐらいがせいぜ良いところで、居酒屋や焼き鳥屋でビールを飲むなど、特にビールのカロリーを抑えたものなどとんでもないと言う事になります。現実問題そのようなことで、ビールのカロリーを低くしても、意味のないことのように思います。意思の弱い人は、ダイエットビールを飲もうが、何をしようが太る人は太ると言っているようなもので、ビールメーカーの謳っている低カロリービールが自己矛盾を起こしていると言えるでしょう。