ミニ保険と一般の保険との違い

ミニ保険は、少額短期保険業者という名称で呼ばれるように、一般の保険会社と比べて少ない資金でも、保険業務が可能であるところが特徴です。

ミニ保険は、最低資本金1千万円、年間収受保険料50億円以下、設立時の免許は登録制となっています。一般の保険会社が、最低資本金が10億円以上、免許制と比べると設立しやすいのが特徴です。

ただ、資本金等が少ないだけに、設定できる保険も限られています。保険金額の上限は、入院給付金で80万円、病気の死亡で300万円、障害の死亡で600万円、家財の損害が1千万円。保険期間も、生保型で1年、損保型で2年と少ないのが特徴です。

こうした特長から、ミニ保険は、一般の保険では適用できないような分野での保険の適用が期待されます。たとえば、エクセルエイド少額短期保険のDiabetes80は、糖尿病患者向けの医療保険となっています。持病を持った人は、なかなか保険には入れないものです。ただ、ミニ保険の仕組みであれば、保険期間、保険金額の上限が一般の保険よりも低いため、コストを抑えることができるわけです。この仕組みの上で、糖尿病患者が、その症状で入院したり手術をうけたりするとこのための保険に入ることもできるようになったわけです。
保険の作成が難しかったニッチな分野でミニ保険は期待される仕組みとなりそうですね。

現在提供されているミニ保険

現在提供されているミニ保険には、以下のようなものがあります。

エクセルエイド少額短期保険
・Diabetes80・・・糖尿病患者向けの医療保険、糖尿病で入院等した場合に手当金や手術給付金が支払われる。
・Diabetes300・・・糖尿病患者向け定期保険。死亡保険等が最高300万円。
http://www.excelaid.co.jp/

日本震災パートナーズ
・リスタ・・・被災後の生活再建費用を保障するもの。家屋全壊の場合、300万円(1人以上)-900万円(5人以上)が支払われる
http://www.jishin.co.jp/

ぜんち共済
・あんしん保険・・・知的・発達障害やてんかんのある人の保険。日額1万円の入院給付金などの医療保険、死亡保険金、誤って他人にケガを負わせたり、ものを壊したりした場合の賠償責任なども保障
http://www.z-kyosai.com/shin_seimei/mimai/index.php

ペット&ファミリー少額短期保険
・ペット保険・・・ペット用の医療保険。中型犬で入院日額9000円、葬儀費用3万円などを保障
http://www.petfamilyins.co.jp/