ウーロン茶 カフェイン 含有量



※紗栄子さんもブログで紹介したルイボスティー

ウーロン茶のカフェインの含有量

赤ちゃんとママ ウーロン茶(烏龍茶)に入っているカフェインの量はそれほど多いわけではありません。抽出液での比較を掲載しているサイトを見るとウーロン茶のカフェイン量は0.02%、ちなみに紅茶が0.05%、ほうじ茶は0.02%、煎茶が0.02%、一番多いのが玉露となります。

 ウーロン茶はカラダにいいイメージがあり、妊娠中や授乳期の水分補給にと考えるお母さんも多いのですが、カフェインが入っているため、使いにくい飲み物となっています。
 カフェインは、赤ちゃんにいい影響を与えないので、控えた方がいいのは事実。お腹の中の胎児および赤ちゃんのことを思えば、水分補給用としては控えた方がいいのかもしれません。

妊娠・育児中の水分補給におすすめのルイボスティー

 妊娠・育児中の女性に人気なのがカフェインゼロのルイボスティーです。カフェインは興奮剤のような成分があり、胎児や赤ちゃんに影響が出てしまいます。ルイボスティーならカフェインゼロ。それにカルシウムが豊富で、質の良い母乳を作るとも言われています。

ルイボスティー専門店 RTのお試しセット
ルイボスティー専門店RTのお試しセット。3週間1480円のものと、ママ専用の30日間おためしの1980円があります。ママ専用のものは、妊娠・授乳中のママ用のリーフレット付き。送料無料
ノバテックのオーガニックルイボスティーお試しセット
ルイボスティーを20年にわたって届けるノバッテクのオーガニックルイボスティーのお試しセット。1780円で送料無料です。